リキッドとパウダー、60代ではどちらがおすすめ?

60代のファンデーション選びで大きなポイントになるといってもよいのがリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの選択です。どちらが60代の肌に向いているのか?だけでなく自分の肌に向いているのかもよく考慮したうえで選んでいくことが大事です。

パウダーの方がクレンジング時の負担が少ない

60代ファンデーション

一般的には年齢を重ねるほどパウダータイプの方が適していると言われています

 

加齢とともに肌は乾燥が加速し、バリア機能の低下が伴うことで刺激に敏感になっていきます。

 

リキッドファンデーションは密着性の高さゆえ落としにくく、クレンジングでしっかり洗い落とす際に肌に負担をかけてしまうデメリットがあるからです。

 

60代の肌はとくにこの点が大きな問題になりやすく、リキッドファンデーションでシミやシワを頑張ってカバーしているのはよいものの知らず知らずのうちに肌のダメージを蓄積させてしまっていることにもなりかねません。

 

こうしてみるとパウダータイプの方が60代には向いていると誰もが思うものですが、カバー力においてリキッドタイプに劣るという大きなデメリットがあります。

 

メイクは美しく仕上げ、シミ、シワといったトラブルをできるだけ目立たなくすることが最大の目的なのですから、いくら肌に優しくてもその目的が得られないのでは使っても意味がないとなってしまうからです。

 

ですから理想としてはパウダータイプでしっかりカバーできる環境が欲しいことになります。

下地やフェイスパウダーでカバー力をアップ

60代ファンデーション

ただ60代になると目立つシワやシミが多くなるのでパウダータイプだけで目立たなくするのは難しいのが現実。

 

ですから肌への刺激があまり気にならない、乾燥やバリア機能がそれほど悩みの種になっていない方は薄付けを前提にリキッドファンデーションを使うという選択肢も出てきます

 

このあたり最終的には自分の肌と相談したうえでひとりひとりが判断するということになるのでしょう。

 

もうひとつ、踏まえておきたいのはパウダーファンデションのカバー力は化粧下地やフェイスパウダーで補うこともできる点です。

 

シミが気になる部分はコンシーラーを使うといった方法もあるでしょう。ですからリキッドタイプを使うのと、こうしたアイテムを使いこなしてパウダータイプのカバー力を高めるのとどちらがよいかも考えてみるとよいでしょう。

 

最近ではカバー力に優れたパウダータイプや落としやすいリキッドタイプが登場しているので「60代の肌には絶対にこっち!」とは言い切れない面が出ています。一つ一つの製品の内容もよくチェックした上で見極めていきましょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

60代で選びたい人気のファンデーション

B.A パウダリィバームファンデーション

パウダリーファンデーション口コミ1位!しっとり保湿で夕方までしっかりカバー
11,880円・税込
更に詳しく見てみる!>>
アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

60代ファンデーションフュージョンファンデーションラスター

厚塗り感無くシミ・毛穴をカバー!ツヤ肌を1日キープ出来るアテニアの新ファンデ
2,200円・税込
更に詳しく見てみる!>>
リペア リキッドファンデーション

100%天然由来なのに抜群のカバー力!リキッドファンデの常識を覆した人気商品
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,980円・税別
更に詳しく見てみる!>>
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

60代ファンデーションマキアレイベル

美容液ファンデ14年連続No.1!1日中潤いながらシワ・毛穴をしっかりカバー
2,263円→1,980円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア新ファンデーション