60代ファンデーションQ&A

ファンデーションの色はどういう風に選べばいい?

年齢を重ねるとファンデーション選びはカラーも難しいポイントとなってきます。60代になると全体のトーンが暗くなる、血色が悪くなるといった事情からどうしても明るいカラーを選んでしまいがちですが、それが不自然に仕上がりに結びついてしまうことも多いからです。

自分の肌はイエローベースかブルーベースか

60代ファンデーション色選び方

さらにシミやくすみをカバーしようと厚塗りしてしまうとますます全体の仕上がりが不自然に…といったことにならないためにも自分の肌に合ったカラーを選びたいものです。

 

ファンデーションの色選びでは自分の肌に合ったものを選ぶことが第一です。

 

当たり前のように思えますが自分の肌がもともとどんな色合いなのか、イエローベースなのかブルーベースなのかを把握している方は意外に少ないのではないでしょうか?

 

この点を踏まえずにファンデーションの色だけをチェックしても、イメージキャラクターが使用している写真を見ても自分に良いカラーを見つけることはできません。

 

イエローベースとは黄色味に近い色合い、ブルーベースとは色白で青みがかった色合いのことです。生まれつきの肌色に加えて血色や紫外線の影響などもあるのでよく見極めたうえで自分がどちらのタイプなのかを判断するようにしましょう。

 

60代の場合は健康状態や加齢の影響で肌の色合いが変化することも多いので注意したいところです。

イエローベースは黄色系・ブルーベースはオークル系

60代ファンデーション色選び方

そのうえでどんな色がよいのか?イエローベースの方は黄色っぽい色、ベージュ系統をうまく利用していくのが基本です。

 

それに対してブルーベースの方は肌に赤みや若々しさを引き出すためにもピンクがかったオークル系が適しています。この基本を踏まえつつ選んでいくことになります。

 

ブルーベースの方にベージュを使ってしまうと使っていないところとの間にギャップが出来てしまいますし、イエローベースの方がオークルを使ってしまうとファンデーションそのものが浮いて見えてしまいます。

 

あとは自分がどんな肌に仕上げたいか。たとえばオークル系にも自然に仕上げることを目指したベージュオークルと、明るい印象を引き立たせるピンクオークルなどの種類があります。おもに明るさと濃さを意識してメイクで演出したい肌色を決めていきましょう

 

決める際には顔の輪郭、フェイスラインにまず塗付したうえで顔と首の境目をチェックして不自然にならないかどうかを見極めると自然に仕上げられる色を選びやすくなります。

 

近くで見るだけでなく少し遠めで鏡と向かい合ってチェックするのも忘れないようにすれば万全です。

 

肌のタイプ別ファンデーション色選び

肌がイエローベースの人 肌がブルーベースの人
イエローベースとは黄色味に近い色合いの肌 ブルーベースとは色白で青みがかった色合いの肌
黄色っぽい色、ベージュ系がおすすめ ピンクがかったオークル系がおすすめ

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

 

ファンデーションが浮かないようにするには?

年齢を重ねるとファンデーションはあまり浮かなくなるのが一般的です。皮脂の分泌量が減少するため毛穴浮きが起こりにくくなるからですが、一方でたるみによる毛穴の開きやキメの乱れなどがメイク崩れの原因を作ってしまうこともあります。

収れん化粧水で毛穴を引き締める

60代ファンデーション浮く

またシミやくすみをカバーするために若い頃に比べて厚塗りをしているとその分浮きやすくなってしまうのも難しい部分です。

 

60代でファンデーションの浮きに悩んでいる方はメイクの方法はもちろん、エイジングケアもうまく取り入れながら対策を行っていきましょう。

 

まず毛穴浮きや毛穴落ちをしやすい方は収れん化粧水で毛穴を引き締めておきましょう。スキンケアの一環としてマッサージを取り入れるのもよい方法です。

 

小じわなど肌の凹凸があるとどうしてもファンデーションが浮きやすくなるので保湿ケアをはじめとしたシワ対策をより重点的に行っておきたいところです。皮脂の分泌量が多い方は皮脂対策も行っておくと効果的です。

 

そのうえで浮きにくいファンデーションを選ぶこと。リキッドタイプやクリームタイプといった密着性の高いタイプを使うのが一番よい方法ですが、密着性が高いとクレンジングの際に落としにくく肌に負担になってしまう恐れもあるので難しいところです。

 

この辺りは自分の肌のバリア機能を考慮したうえで選ぶようにするとよいでしょう。

 

年齢を重ねた肌には適度な密着性を備えて化粧直しをしやすいパウダータイプが適しているといいます。

化粧下地やブラシも取り入れる

60代ファンデーション浮く

パウダータイプを使う場合にはできるだけ毛穴にフィットしやすい粒子が細かいタイプの製品を選びましょう。

 

近年では毛穴や凹凸にしっかりと密着しつつ無理なく落とすことができるパウダーファンデーションも増えているのでお勧めです。

 

使う際にもひと工夫。ブラシを使って肌にうまく馴染ませていきましょう。パフだとどうしても肌にさっとつけただけで終わってしまうことが多く汗をかいた日などに浮きやすくなります。

 

ブラシで軽く撫でながらなじませていくことでもっとしっかりとフィットさせておけば化粧崩れを起こしにくくすることができるでしょう。

 

またファンデーションを使う前に化粧下地を使う、ファンデーションを使った後はフェイスパウダーで仕上げるようにすればメイクの持ちをよくすることができます。

 

化粧下地を使っている方は多いと思いますが、フェイスパウダーも検討してみてはいかがでしょうか。ちょっとした工夫ひとつでファンデーションの浮きを解決していくこともできるはずです。

浮きにくいファンデの選び方・使い方

  • 毛穴にフィットしやすい粒子が細かいパウダータイプがおすすめ
  • ブラシを使って肌にしっかりとフィットさせることが大切
  • ファンデを使う前は化粧下地、ファンデを使った後はフェイスパウダーを取り入れることもポイント

 

リキッドとパウダー、60代ではどちらがおすすめ?

60代のファンデーション選びで大きなポイントになるといってもよいのがリキッドファンデーションとパウダーファンデーションの選択です。どちらが60代の肌に向いているのか?だけでなく自分の肌に向いているのかもよく考慮したうえで選んでいくことが大事です。

パウダーの方がクレンジング時の負担が少ない

60代ファンデーション

一般的には年齢を重ねるほどパウダータイプの方が適していると言われています

 

加齢とともに肌は乾燥が加速し、バリア機能の低下が伴うことで刺激に敏感になっていきます。

 

リキッドファンデーションは密着性の高さゆえ落としにくく、クレンジングでしっかり洗い落とす際に肌に負担をかけてしまうデメリットがあるからです。

 

60代の肌はとくにこの点が大きな問題になりやすく、リキッドファンデーションでシミやシワを頑張ってカバーしているのはよいものの知らず知らずのうちに肌のダメージを蓄積させてしまっていることにもなりかねません。

 

こうしてみるとパウダータイプの方が60代には向いていると誰もが思うものですが、カバー力においてリキッドタイプに劣るという大きなデメリットがあります。

 

メイクは美しく仕上げ、シミ、シワといったトラブルをできるだけ目立たなくすることが最大の目的なのですから、いくら肌に優しくてもその目的が得られないのでは使っても意味がないとなってしまうからです。

 

ですから理想としてはパウダータイプでしっかりカバーできる環境が欲しいことになります。

下地やフェイスパウダーでカバー力をアップ

60代ファンデーション

ただ60代になると目立つシワやシミが多くなるのでパウダータイプだけで目立たなくするのは難しいのが現実。

 

ですから肌への刺激があまり気にならない、乾燥やバリア機能がそれほど悩みの種になっていない方は薄付けを前提にリキッドファンデーションを使うという選択肢も出てきます

 

このあたり最終的には自分の肌と相談したうえでひとりひとりが判断するということになるのでしょう。

 

もうひとつ、踏まえておきたいのはパウダーファンデションのカバー力は化粧下地やフェイスパウダーで補うこともできる点です。

 

シミが気になる部分はコンシーラーを使うといった方法もあるでしょう。ですからリキッドタイプを使うのと、こうしたアイテムを使いこなしてパウダータイプのカバー力を高めるのとどちらがよいかも考えてみるとよいでしょう。

 

最近ではカバー力に優れたパウダータイプや落としやすいリキッドタイプが登場しているので「60代の肌には絶対にこっち!」とは言い切れない面が出ています。一つ一つの製品の内容もよくチェックした上で見極めていきましょう。

 

リキッドファンデーションのメリット リキッドファンデーションのデメリット

・カバー力が高く肌トラブルを隠しやすい
・密着性が高く時間が化粧ヨレがしにくい

・密着性が高い分落としにくい
・クレンジングによる肌負担が大きい

パウダーファンデーションのメリット パウダーファンデーションのデメリット

・肌に優しく軽いつけ心地
・クレンジングによる肌負担がかかりにくい

・リキッドタイプに比べカバー力が劣る
・リキッドタイプに比べ密着性が劣る

 

シミを綺麗に隠すファンデーションの選び方や使い方を教えて下さい。

60代になってシミとは無縁という方はいないでしょう。それどころか脂漏性角化症のようなかなり目立つタイプのシミに悩まされている方も多いはずです。それだけにできるだけファンデーションでうまく隠してきれいに仕上げたいところですが、なかなかうまくいかないものです。

ピンポイントでカバーするならスティックファンデ

60代ファンデーションシミ隠す

問題なのは自然に仕上げようとするとうまく隠れず、隠そうとするとどうしても厚塗りになって不自然になるというバランスの難しさです。

 

あくまで自然に、それでいてシミが見えない、目立たないような形でうまくメイクができないか?そのためのポイントはファンデーション選びの段階にあります。

 

シミを隠すためにどのファンデーションを使うのか?とにかくシミを隠したいのならカバー力に優れた製品を使うのが最優先、リキッドファンデーションやクリームファンデーションがカバー力の高い製品として挙げられます。

 

また、ポイントメイクの感覚でシミの部分だけを集中してメイクできるスティックファンデーションというタイプもあります。

 

それからもうひとつ、ファンデーションの代わりに利用できるうえにカバー力に優れたアイテムとしてBBクリームもあります。

 

一時期ブームになったアイテムですが、おもに30代〜40代の間で人気を得たこともあって60代のシミ対策として考慮されることが少ない面もあるので頭に入れておきましょう。

BBクリームはカバー力に優れているが厚塗り感も出る

60代ファンデーションシミ隠す

もともと火傷跡や傷跡などを隠すための医療用のクリームとして開発されただけあって非常に優れたカバー力を備えています。

 

ただカバー力だけで選ぶわけにはいかないのがファンデーションの難しいところ。カバー力が強い製品は密着性も高く落としにくいのです。

 

そのためクレンジングで負担をかけてしまい、ただでさえバリア機能が低下している肌にダメージをもたらしてしまいかねません。またBBクリームの場合はカラーのバリエーションが少なく、厚塗り感やベタつきが気になるといった問題点もあります。

 

こうしたメリットとデメリットをよく検討したうえで自分の肌やシミの状態にあったものを選ぶようにしましょう。先ほど挙げたスティックタイプのファンデーションを上手く使いこなすのもポイントです。

 

基本となるメイクは肌に優しいパウダータイプやミネラルファンデーションを使いつつ、シミの周辺はスティックタイプを使うのです。あくまで自然に仕上げることが第一ですが、相性を考慮したうえで併用すれば肌に負担をかけることなくきれいにシミを隠していくこともできるでしょう。

 

シミを隠すファンデーション選びのポイント

  • シミだけではなく肌全体のカバー力を高めたいならリキッドファンデやクリームファンデがおすすめ
  • シミをピンポイントでカバーするならスティックファンデがおすすめ
  • BBクリームもカバー力には優れているが厚塗り感やベタつきが気になることもあるので注意

 

ファンデーションのテカリ対策はどうすればいい?

ファンデーションが浮いてしまうのと同じくらい悩みの種となるのがテカリです。メイクをしたばかりの頃はしっかり仕上がっていたのに時間が経過するにつれて額や小鼻のテカリが気になる…そんな悩みを抱えている方も多いはず。

化粧下地でメイクのノリをアップ

60代ファンデーションテカリ防止

テカリのおもな原因は皮脂なので分泌量が減少する60代は30代、40代に比べると悩みが起こりにくい面もあります。

 

しかし夏場をはじめ皮脂と汗が多くなる時期、また脂性肌はもちろんインナードライなど皮脂が多めの方はどうしてもテカリの悩みに晒されてしまうことが多いのです。

 

対策としてはまず化粧下地を工夫してみましょう。できるだけ崩れにくいファンデーションを使うのももちろんですが、まず化粧下地の段階でメイクのノリをよくしておけばテカリが起こりにくくなるからです

 

まず意識したいのがオイルの含有量。60代のテカリでは皮脂の過剰分泌よりも化粧品に含まれているオイルが大きな原因になることが多いものでする化粧下地ではオイルフリーのものを選んでみましょう。

 

ファンデーションもオイルフリーのものを使用するのも選択肢の一つですが、こちらは自分の肌質や悩みに合っているかどうかを重視したうえで選ぶ方がよいでしょう。

 

それから化粧下地・ファンデーションともに重視したいのが皮脂を吸着する成分が配合されている製品です。パウダーが余分な皮脂を吸着させてテカリや崩れを防ぐ働きを備えた製品が登場しています。

インナードライ対策として保湿成分を

60代ファンデーションテカリ防止

こちらはオイルフリーよりも数が多いのでファンデーション選びの際にも意識しておくとよいでしょう。皮脂の分泌量が多い方にはこれが一番のオススメです。

 

あと保湿成分を配合されている化粧品を使う。こちらは表皮の乾燥が原因で皮脂の分泌量が増加している方に重要なポイントです。

 

年齢を重ねると肌が乾燥していく影響で皮脂の分泌量が増えていくこともあります。スキンケアの段階で保湿対策をしっかり行っておくのはもちろん、それでは十分ではない場合には化粧下地、ファンデーションでも保湿成分を補ってみましょう。

 

ファンデーションの後にフェイスパウダーで仕上げるのもテカリ対策のよい方法です。フェイスパウダーでファンデーションを肌にしっかりとフィットさせればテカリだけでなく化粧崩れ全般の予防に役立ちます

 

厚塗りを避けてうまくシミやくすみをカバーする対策にも適しているのでこの点でもテカリ対策に向いているでしょう。

 

あとは紫外線対策を忘れないようにすればテカリを防ぐことができるでしょう。自分の肌質や肌の悩みにあわせたケアとメイクを心がけたいところです。

 

ファンデーションのテカリ対策のポイント

  • 化粧下地の段階でメイクのノリをよくしておくこと
  • 皮脂を吸着する成分が配合されている化粧下地やファンデを選ぶこと
  • 保湿成分が配合されている化粧品でインナードライ対策をすること

 

ファンデーションと日焼け止めをうまく使いこなすには?

スキンケア・エイジングケアの一環として欠かせない紫外線対策。その際に活躍するのが日焼け止めです。ただこの日焼け止めをどのタイミング・順番で使えばいいのかよくわからずに悩んでいる方も多いようです。スキンケアの後に使うのはすぐに理解できるのですが、メイクの前に塗るのか後に塗るのかで意見が分かれています。

メイクの前に日焼け止めを塗って肌を保護

60代ファンデーションテカリ防止

この点に関してはさまざまな意見があってはっきりとした答が出ていない面もあるのですが、基本的にはメイクの前に日焼け止めを塗った方がよいといわれています。

 

その方が直接日焼け止めが肌を保護しやすく、効果を高めることができると考えられるからです。

 

また、日焼け止めの次に化粧下地を使い、その後にファンデーションを使用することでメイクの密着性を高めることができる効果も期待できます。

 

メイクをした後に日焼け止めを塗付している方も多いと思うのでこの点は改めて考え直してみるべき点でしょう。ただし絶対にメイクの前に塗付しなければならないというわけではなく、その時々の事情に合わせてタイミングを見計らうことも大事です。

 

たとえば外出中に日焼け止めを塗りなおさなければならなくなった場合、わざわざメイクを落として塗りなおすというわけにはいかないものです。そんな時にはできるだけ日焼け止め効果が得られるよう意識しながらファンデーションのうえに塗付していくことになります。

メイク直しではまず表皮の皮脂をオフ

60代ファンデーションテカリ防止

またUVカット効果のあるファンデーションや化粧下地を使うことでより効果的に紫外線対策を行っていくことができるので製品選びの段階で検討しておきましょう。

 

外出先で日焼け止めを塗り直す際には油とり紙でまず表面の皮脂をオフしたうえで日焼け止めを塗付していきます。

 

あくまで薄づけを意識してムラなく伸ばしていくよう心がけましょう。その後にUVカット効果があるファンデーションを軽く重ねるのもよい方法です。

 

近年ではスプレータイプのようにメイクの上からでも簡単に使うことができる日焼け止めも登場しています。

 

ですから屋外で過ごす機会が多い方はUVカット効果がある化粧下地、ファンデーションを使いつつその上から手軽に使うことができるスプレータイプやパウダータイプの日焼け止めを使うといった方法も検討してみるとよいでしょう。

 

このようになかなか難しい面もあるメイクと日焼け対策。自分のメイク環境や紫外線を浴びる環境なども考慮したうえでしっかりと紫外線を防ぎつつ手軽に塗りなおせる方法を見つけていきたいところです。

 

ファンデーションと日焼け止めの使い方

  1. 基本的に日焼け止めはメイク前に塗っておくこと
  2. さらに化粧下地を塗ってからファンデを使うことでメイクの密着性を高める
  3. UVカット効果のあるファンデや化粧下地を使うとより効果的!

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

60代で選びたい人気のファンデーション

B.A パウダリィバームファンデーション

パウダリーファンデーション口コミ1位!しっとり保湿で夕方までしっかりカバー
11,880円・税込
更に詳しく見てみる!>>
アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

60代ファンデーションフュージョンファンデーションラスター

厚塗り感無くシミ・毛穴をカバー!ツヤ肌を1日キープ出来るアテニアの新ファンデ
2,200円・税込
更に詳しく見てみる!>>
リペア リキッドファンデーション

100%天然由来なのに抜群のカバー力!リキッドファンデの常識を覆した人気商品
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,980円・税別
更に詳しく見てみる!>>
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

60代ファンデーションマキアレイベル

美容液ファンデ14年連続No.1!1日中潤いながらシワ・毛穴をしっかりカバー
2,263円→1,980円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア新ファンデーション