ファンデーションの色はどういう風に選べばいい?

年齢を重ねるとファンデーション選びはカラーも難しいポイントとなってきます。60代になると全体のトーンが暗くなる、血色が悪くなるといった事情からどうしても明るいカラーを選んでしまいがちですが、それが不自然に仕上がりに結びついてしまうことも多いからです。

自分の肌はイエローベースかブルーベースか

60代ファンデーション色選び方

さらにシミやくすみをカバーしようと厚塗りしてしまうとますます全体の仕上がりが不自然に…といったことにならないためにも自分の肌に合ったカラーを選びたいものです。

 

ファンデーションの色選びでは自分の肌に合ったものを選ぶことが第一です。

 

当たり前のように思えますが自分の肌がもともとどんな色合いなのか、イエローベースなのかブルーベースなのかを把握している方は意外に少ないのではないでしょうか?

 

この点を踏まえずにファンデーションの色だけをチェックしても、イメージキャラクターが使用している写真を見ても自分に良いカラーを見つけることはできません。

 

イエローベースとは黄色味に近い色合い、ブルーベースとは色白で青みがかった色合いのことです。生まれつきの肌色に加えて血色や紫外線の影響などもあるのでよく見極めたうえで自分がどちらのタイプなのかを判断するようにしましょう。

 

60代の場合は健康状態や加齢の影響で肌の色合いが変化することも多いので注意したいところです。

イエローベースは黄色系・ブルーベースはピンクが買ったオークル系

60代ファンデーション色選び方

そのうえでどんな色がよいのか?イエローベースの方は黄色っぽい色、ベージュ系統をうまく利用していくのが基本です。

 

それに対してブルーベースの方は肌に赤みや若々しさを引き出すためにもピンクがかったオークル系が適しています。この基本を踏まえつつ選んでいくことになります。

 

ブルーベースの方にベージュを使ってしまうと使っていないところとの間にギャップが出来てしまいますし、イエローベースの方がオークルを使ってしまうとファンデーションそのものが浮いて見えてしまいます。

 

あとは自分がどんな肌に仕上げたいか。たとえばオークル系にも自然に仕上げることを目指したベージュオークルと、明るい印象を引き立たせるピンクオークルなどの種類があります。おもに明るさと濃さを意識してメイクで演出したい肌色を決めていきましょう

 

決める際には顔の輪郭、フェイスラインにまず塗付したうえで顔と首の境目をチェックして不自然にならないかどうかを見極めると自然に仕上げられる色を選びやすくなります。

 

近くで見るだけでなく少し遠めで鏡と向かい合ってチェックするのも忘れないようにすれば万全です。

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

 

60代で選びたい人気のファンデーション

B.A パウダリィバームファンデーション

パウダリーファンデーション口コミ1位!しっとり保湿で夕方までしっかりカバー
11,880円・税込
更に詳しく見てみる!>>
アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

60代ファンデーションフュージョンファンデーションラスター

厚塗り感無くシミ・毛穴をカバー!ツヤ肌を1日キープ出来るアテニアの新ファンデ
2,200円・税込
更に詳しく見てみる!>>
リペア リキッドファンデーション

100%天然由来なのに抜群のカバー力!リキッドファンデの常識を覆した人気商品
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,980円・税別
更に詳しく見てみる!>>
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

60代ファンデーションマキアレイベル

美容液ファンデ14年連続No.1!1日中潤いながらシワ・毛穴をしっかりカバー
2,263円→1,980円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア新ファンデーション