シミ、毛穴、ほうれい線を上手に隠す60代のメイク方法

シミをうまく隠す60代のメイク術

ファンデーション以外のアイテムもうまく活用

60代ファンデーションシミ隠し方

シワ、毛穴、シミ。この3点が年齢肌がかかえる最大の悩みでしょう。50代・60代ともなるとこれらすべてをうまくメイクでカバーしていく必要が出てきます。

 

シミを隠す場合にはどういったポイントを踏まえておけばよいのでしょうか?

 

毛穴やシワに比べてピンポイントのメイクが求められるのがシミの特徴です。

 

その分どうしてもシミの部分だけを厚塗りしてしまい全体にムラができてしまうなど不自然な仕上がりになってしまいがち、あくまで自然に仕上げるメイクを心がけることが第一です。

 

そのためにもファンデーションだけに頼らず、他のアイテムもうまく活用して全体のメイクでシミを隠していきましょう。まず化粧下地をうまく使ってファンデーションのノリを良くする

 

これだけで厚塗りを避けて自然に仕上げやすくなります。また色を補正する効果がある化粧下地やコントロールカラーを使っておくと肌の色を明るく見せつつシミをぼかすこともできます。このファンデーションの前の下準備を意識してみましょう。

 

ファンデーションではシミの部分ばかりを集中的に塗るのではなく、まず全体をムラなく塗った上で不自然にならないよう意識しながら少しずつ重ねづけしていきましょう。

コンシーラーはシミの周囲まで広めに塗る

60代ファンデーションシミ隠し方

その際にはシミの部分だけでなく少し広めに面積をとって塗付していくのがポイントです。

 

ファンデーションの種類はカバー力に優れたリキッドタイプがもっとも適していますが、あまりカバー力が強い製品は密着性も高くクレンジングで落としにくくなるので気をつけましょう。

 

クレンジングの負担が肌にダメージをもたらさない範囲内でカバー力に優れたものを選んでいきます。

 

ファンデーションに加えてコンシーラーを活用していくのもシミを隠すメイクのポイントです。こちらもファンデーションと同様、シミの部分だけにピンポイントで使用するのではなく少し広めの範囲に使うのが基本です。

 

そのうえで境界がはっきりしないよう指の腹でうまくぼかしていきます。シミができている部分には触れず、周囲の広い範囲に塗付した部分だけをうまく伸ばしながらぼかしていくようにしましょう。

 

なおコンシーラーとファンデーションの色選びも重要で、シミを乾燥と鮮やかすぎる、白すぎる色を選んでしまうと不自然になってしまいます

 

それを防ぐためにも化粧下地やコントロールカラーをうまく使いつつ自分の肌に合った色を選んでいきましょう。ファンデーション以外のアイテムをいかにうまく使いこなせるかがひとつのポイントとなってくるだけに何度か工夫しつつ自分に合った使い方や用量を見つけ出していきたいところです。

シミを隠すメイクの手順

  1. 化粧下地を使ってファンデーションのノリを良くする
  2. コントロールカラーを使って肌の色を明るく見せつつシミをぼかす
  3. カバー力に優れたリキッドファンデーションを全体にムラなく塗る
  4. シミよりも少し広めの範囲にコンシーラーをのせ指の腹でぼかす

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

毛穴をうまく隠す60代のメイク術

化粧下地を活用してファンデーションは薄付けで

60代ファンデーション毛穴隠し方

シミやシワと並んで50代・60代の肌の悩みとなるのが毛穴です。

 

肌のたるみとともに毛穴が開くことによって肌のキメ細かさが失われて全体がザラついたような印象になってしまいます

 

この毛穴の悩みが厄介なのはファンデーションで隠そうとするとどうしても厚塗りになってしまうこと。

 

その結果不自然な厚化粧になってしまったり、すぐに化粧崩れを起こしてしまったりといった問題が起こりやすく、しかも落とす際にはしっかりクレンジングを行わなければならないので肌への負担も大きくなってしまいます

 

あくまで肌に負担をかけない範囲内で、ごく自然な仕上がりを意識してメイクを行っていく必要があるわけです。

 

厚塗りができないならどうやってカバーすればよいのか?ポイントはファンデーションをしっかり密着させることです。そのためにも化粧下地にこだわってみましょう。

 

ファンデーションの前に化粧下地を使っておくことでノリが格段によくなって薄付けでもシミや毛穴をカバーしやすくなります。

 

この化粧下地を使用する際にはまず乳液・クリームをつけ終わったら5〜10分ほど時間を置いてから使い始めるのが最初のポイント。すぐに使用するとクリームの油分の影響でうまく肌になじみません。

下地もファンデーションも皮膚を少し引っ張ってから

60代ファンデーション毛穴隠し方

それから毛穴を伸ばした状態で塗りこんでいくことです。ただ毛穴の表面に塗るのではなく、ちょっと皮膚を引っ張って伸ばしたうえで塗るだけで効果がずいぶんと違ってきます。

 

鼻の部分など伸ばしにくい部分は指先で円を描くようにして塗りこむと効果的です。

 

ファンデーションのポイントは適度な重ね塗りです。まず全体にファンデーションを塗った上で毛穴が気になる部分だけに薄く重ね塗りをしていきます。

 

最初から毛穴を意識して塗付してしまうといつのまにか全体が厚塗りになってしまうので注意しましょう。重ね塗りする際には化粧下地と同様に毛穴を伸ばしたうえで塗付していくと効果がアップします。

 

その際は重ねづけしていない部分との境界がはっきりしないよううまくぼかしていくのを忘れないようにしましょう。

 

ファンデーションの種類はカバー力に優れているリキッドタイプよりも毛穴にフィットしやすいパウダータイプの方がおすすめです。

 

この手順でうまくカバーできない場合にはファンデーションの後にフェイスパウダーを試してみましょう。粒子が細かいルースパウダーで軽く気になる部分に使うだけでもかなり目立たなくさせることができるはずです。

 

毛穴を詰まらせるほど厚塗りするのではなく、ファンデーションのカバー力を最大限に引き出す使い方を意識した上でメイクをしていきましょう。

毛穴を隠すメイクの手順

  1. スキンケアの乳液・クリームをつけ終わったら5〜10分ほど時間を置く
  2. 化粧下地はちょっと皮膚を引っ張って伸ばしたうえで塗る
  3. パウダーファンデーションを全体に塗った上で毛穴が気になる部分だけに薄く重ね塗り
  4. それでも毛穴が気になる場合はフェイスパウダーを気になる部分に軽くのせる

ほうれい線をうまく隠す60代のメイク術

パウダータイプの厚塗りは特に不自然になりすい

60代ファンデーション毛穴隠し方

50代・60代の肌に悩みの筆頭に挙げられるのがほうれい線です。

 

スキンケアや表情筋トレーニングなどでほうれい線そのものの改善を目指していくことも大事ですが、この年代でほうれい線をなくすのはちょっと現実的ではありません。

 

となるとメイクでいかにうまく目立たなくさせるかがポイントとなってくるわけですが、かといって無理に隠そうとするとファンデーションの厚塗りになってしまい不自然な仕上がりになってしまいます。

 

ごく自然にほうれい線を目立たなくさせるためにはどういったアプローチでメイクを行っていけばよいのでしょうか?基本はやはり厚塗りは避けて薄付けを意識して使っていくことです。

 

パウダータイプでもリキッドタイプでも共通していますが、とくにパウダータイプは厚塗りをすると不自然になってしまううえに化粧崩れを起こしやすくなるので注意しましょう。

 

またリキッドファンデーションはクレンジングで落とす際に肌に刺激を与えてしまう面もあるのでやはり厚塗りは避けたほうが無難です。

 

使うならパウダーの粒子が細かいパウダーファンデーションか、エマルジョンファンデーションがオススメです。

 

粒子が細かいと肌にしっかりと密着して薄付けでも凹凸をなめらかに見せてくれますし、パウダータイプとリキッドタイプの特徴を兼ね備えたエマルジョンファンデーションは適度なカバー力で肌への負担を避けられるので適しているのです。

ハイライトをシワ部分から外側にぼかして

60代ファンデーション毛穴隠し方

ファンデーションだけでほうれい線を隠そうとしないのも大事な点です。

 

ファンデーションにプラスしてハイライトを活用することで両方のアイテムのよさを引き出しつつ、自然に仕上げていくことができるようになります。

 

ハイライトはシワの凹凸によってできる影を和らげることができるのでくっきりと刻まれたシワを目立たなくさせることができます。

 

ハイライトはほうれい線全体からもう少し範囲を広く取って小鼻の辺りから口角まで塗っていきましょう。

 

ブラシを使ってシワの部分をなぞるようにして塗付し、外側に向かってうまくぼかしていく自然に目立たなくさせていくことができます。ファンデーションと同様、厚塗りには十分に注意しましょう。

 

このようにまずは肌に合ったファンデーションを選んで薄付けの範囲内でほうれい線をカバーしつつ、ハイライトでうまくぼかす。

 

この手順を身に着ければ気になるほうれい線をかなり目立たなくさせることができるはずです。これまでどうしても不自然な仕上がりになってしまっていた方は試してみましょう。

ほうれい線を隠すメイクの手順

  1. 粒子が細かいパウダーファンデーションか、エマルジョンファンデーションを全体に塗る
  2. ハイライトをほうれい線全体からもう少し範囲を広く取って小鼻の辺りから口角まで塗る
  3. ブラシでシワの部分をなぞるようにして塗付し、外側に向かってうまくぼかしていく

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

60代で選びたい人気のファンデーション

B.A パウダリィバームファンデーション

パウダリーファンデーション口コミ1位!しっとり保湿で夕方までしっかりカバー
11,880円・税込
更に詳しく見てみる!>>
アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

60代ファンデーションフュージョンファンデーションラスター

厚塗り感無くシミ・毛穴をカバー!ツヤ肌を1日キープ出来るアテニアの新ファンデ
2,200円・税込
更に詳しく見てみる!>>
リペア リキッドファンデーション

100%天然由来なのに抜群のカバー力!リキッドファンデの常識を覆した人気商品
豪華8点セットたっぷり50日分が今なら1,980円・税別
更に詳しく見てみる!>>
マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

60代ファンデーションマキアレイベル

美容液ファンデ14年連続No.1!1日中潤いながらシワ・毛穴をしっかりカバー
2,263円→1,980円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア新ファンデーション