パウダーファンデーションのメリット・デメリット

これまでいろいろなタイプのファンデーションを使ってきたけれども50代、60代になったら結局パウダーファンデーションに戻ってきたという方も多いのではないでしょうか。昔からファンデーションといえばパウダータイプが主流ですし、現在でももっともオーソドックスな選択肢としてさまざまなメーカーから発売されています。それだけに肌質や年代を問わず使える魅力を備えているのでしょう。

ムラなく伸ばせてメイク直しもしやすい

60代ファンデーションパウダーメリットデメリット

このパウダーファンデーションの魅力は使いやすい点ではないでしょうか。パウダーを押し固めたものを肌に乗せて使うだけ。

 

適量を踏まえて使いやすく、ムラなく全体を均一に仕上げやすい

 

携帯にも便利なので旅行先でも使えますし、日中に化粧直しをする際にも役立ちます。メイクは基本的に毎日行うものだけに効果だけでなくこうした利便性の高さも大きなポイントです。

 

もちろん、ファンデーションとしての効果にも優れています。パウダーが毛穴や小じわといった肌の凹凸にフィットして全体をならしていく効果があるのでマットなしあがりになります。

 

これは老化の影響でシワが増えている60代の肌にとっては非常に大きなメリットになるでしょう。現在ではパウダーの粒子が細かなタイプの製品が増えており、これまでよりも自然に、それでいてよりなめらかに整えることができるようになっています。

 

以前のようにファンデーションを毛穴に押し込むようにして厚塗りをしなくても済むのでナチュラルな感覚を出すこともできるのです。

 

また、パウダーの質も向上しており、余分な皮脂を吸収して化粧崩れを防ぐ効果を備えたもの、光を跳ね返すことで肌のトーンを明るく見せる効果を備えたものなども増えています。

密着性が弱く乾燥しやすい

60代ファンデーションパウダーメリットデメリット

とくに後者は60代の肌に適している点でしょう。

 

ではこうしたメリットに対してどんなデメリットがあるのでしょうか?まず乾燥しやすい点が挙げられます。リキッドタイプやクリームタイプのように肌全体をしっとり仕上げる働きはありません。

 

肌の乾燥をケアする働きが備わっていないのでもともと肌が乾燥がちな方は日中に乾燥が気になってしまうこともあります。また肌のカサつきやザラつきが気になる方もパウダータイプでは満足できない部分もあります。

 

リキッドタイプ、クリームタイプに比べると密着性が低く崩れやすい、そしてカバー力がやや劣る点もデメリットです。崩れやすい点は使いやすい点で補うことができますが、カバー力が不足している点は不満を感じることも多いでしょう。

 

こうしたデメリットもあって一時期リキッドタイプやクリームタイプを使う方も多いのですが、年齢を重ねて肌に優しく使いやすいパウダータイプの魅力を再認識して戻ってくるというケースも多いのです。60代になったら改めてこのタイプを見直してみてはいかがでしょうか。

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

 

B.A パウダリィバームファンデーション

パウダリーファンデーション口コミ1位!しっとり保湿で夕方までしっかりカバー

パフに取った瞬間や肌に乗せた時はパウダーなのですが、仕上がりはまるでリキッドのようで全然粉っぽさがありません。しっとり感があるので、カサツキもなく日中の化粧直しもほとんど必要ないです。重ねて塗っても重たさが出ないので、シミやクマなどもカバーしやすいです。

ポーラ最高峰ブランドB.Aのファンデーションです。濃厚なオイル感触のバームが肌に溶け込むようにしっとりフィットしながら毛穴や凹凸を補正、なめらかな肌に整えます。仕上がりはパウダリーのようなふんわり感で厚塗り感がありません。B.Aスキンケア共通の美容成分を配合し、メイクをしながらスキンケア効果も。ファンデーションによる肌への負担が気になる年齢肌にオススメです。
12,100円・税込
公式HPへB.A パウダリィバームファンデーション

リキッドファンデーションのメリット・デメリット

リキッドファンデーションといえばカバー力があるのが最大の特徴といわれています。液状なのでサラサラしたテクスチャをしているのも大きな特徴で、年代や肌質を問わず使いやすい面も持ち合わせています。60代が使用する場合にはうまくメリットを引き出せるような環境を整えることが重要になってくるでしょう。

カバー力が硬いけど自然に仕上がる

60代ファンデーションリキッドメリットデメリット

なんといってもカバー力があるわけですから、シミやくすみ、小じわといったトラブルを目立たなくするのに適しています。

 

いろいろな肌トラブルを抱えやすい60代にとってはこの点こそリキッドファンデーションを選ぶ最大の理由となるでしょう。また自然な印象で仕上げやすい点も液状のリキッドタイプならではの魅力です。

 

カバー力が高いタイプといえばクリームファンデーションもありますが、こちらはテクスチャが重めでしっとりしているためどうしても厚塗り感があり、いかにも「頑張ってメイクでカバーしている」といった印象があります。

 

それに対してサラっとした感触のリキッドタイプはより自然にトラブルを目立たなくして滑らかな肌を演出していくことができます

 

製品によっては保湿成分を配合しているものもあり、保湿対策の一環としても使用することができます。優れたカバー力で全体を滑らかにしつつ、保湿成分を補うことで乾燥そのものを改善できる。

 

加齢の影響で保湿力が減少している60代にとってはこの点も大きな魅力になるはずです。

フィット力が高い分クレンジングが負担になる

60代ファンデーションリキッドメリットデメリット

ただこうしたメリットに対して無視できないデメリットも抱えています。最大の注意点は肌への負担を感じやすいことです。

 

カバー力の高さは肌にしっかりとフィットする密着性の高さによるものですが、味方を変えれば落としにくいためクレンジングの際に大きな負担をかけてしまうことが多いのです。

 

洗浄力の高いクレンジング剤を使い、何度も肌を擦って洗い落としているとそのダメージが蓄積して肌トラブルの原因になってしまいかねないのです。

 

老化によるトラブルをカバーするために使っているはずが使っているうちに老化を加速させてしまっている…といったことも起こりえます。また液状ということもあってムラなく均一に塗付していくのが難しい面もあります

 

この点は慣れで改善できる問題ですが、丁寧に塗っていかなければならない分手間がかかりますし、化粧崩れを起こしたときに直しにくい点も注意したい部分です。

 

いろいろな製品が発売されており、水分と油分のバランス、密着性などそれぞれ特徴があるので自分にあったものをきちんと見つけられるかどうかも重要なポイントとなるでしょう。

 

年齢肌用の製品も増えているのでその中からメリットをうまく引き出せるものを探していきましょう。

クリームファンデーションのメリット・デメリット

クリームファンデーションは50代、60代の乾燥しがちな年齢肌に適したファンデーションです。うまく活用すれば肌に負担をかけることなくシミやシワといったトラブルを目立たなくしていくこともできるでしょう。
クリーム状をしており厚みのあるテクスチャをしているのがこのタイプの最大の特徴です。

保湿成分を配合したものが多く乾燥対策にもなる

60代ファンデーションクリームメリットデメリット

パウダーファンデーションのような固形状ではなく、かといってリキッドタイプのような完全な液状でもない、この特徴がクリームファンデーションならではのメリットをもたらしています。

 

まず肌にしっかりフィットすること。しかもしっとり感があるので乾燥の悩みを抱えている方にピッタリです。

 

またこのタイプには保湿成分を配合したものも多く、スキンケアの一環として保湿対策にも役立てていくことができます。肌のカサつきが気になる方にとっても非常に良い選択肢となるでしょう。

 

肝心のカバー力が優れている点も大きな魅力です。カバー力といえばリキッドファンデーションも適していますが、こちらもシミや小じわをカバーするのに適しているのです。

 

とくに乾燥がもたらす小じわに対してはカバーしながら保湿効果で改善していくことができるという一石二鳥の効果が期待できます。

 

つまりトラブルをうまくカバーしつつ肌をしっとりと仕上げることで滑らかで艶やかな肌へと導いてくれることになります。60代の肌にとってこれほど理想的な条件を備えたタイプも少ないのではないでしょうか。

 

このように非常に優れた特徴を備えているクリームファンデーションですが、いくつか注意しなければならない点もあります。ますしっとり感と背中合わせの厚塗り感がある点

厚塗り感やテカリ・崩れが起きやすい

60代ファンデーションクリームメリットデメリット

どうしても不自然な仕上がりになってしまいがちな面があり、とくにトラブルを目立たなくしようと意識しすぎると厚塗りな印象が増してしまいます。

 

この辺りは肌との相性も踏まえたうえで薄付けを意識するなどの使い方の工夫も必要になるでしょう。また油分が多めなのでテカリや崩れが生じやすい面もあります。

 

60代の乾燥した肌ではそれほどこの点は大きな問題にはならないことが多いのですが、厚塗りをすると時間の経過とともに崩れやすくなるのでこの点も踏まえたうえで使う量を心がけるなどの心がけがほしいところです。

 

液状のリキッドタイプに比べてムラなく均一に塗りやすい点も魅力、年齢を重ねるにつれて難しくなっていくファンデーション選びにおいてよい選択肢になってくれるのは間違いないでしょう。

 

製品によってテクスチャと厚塗り感に違いがあるのでこの点も考慮して選んでいきましょう。

 

POLA B.A クリーミィファンデーション

乾燥から守り一日中ツヤ肌!保湿力重視のクリームタイプファンデーション

濃厚で名前の通りクリーミィ。こってり目なんですが肌に乗せると不思議とスムーズに馴染んでくれるので厚塗り感も出ません。アラを隠そうとして厚化粧になりがちでしたが、頑張らなくても自然にカバーしてくれるのでメイクが楽になりました。

ポーラの最高峰ブランドB.Aシリーズのクリームファンデーション。B.A共通の美容成分配合に加えて、保湿成分の「モイストアップポリマー」により保湿力を高めているのが特徴です。濃密でコクのあるテクスチャーですが肌に溶け込むように素早く馴染みます。さらに11層構造のパウダー配合で、内側からも発光するようなツヤ肌になれるクリームファンデ。メイクの肌への負担や乾燥が気になる方におすすめです。
12,100円・税込
公式HPへB.A クリーミィファンデーションM

エマルジョンファンデーションのメリット・デメリット

年齢、肌質を問わず肌に合うと評価が高いのがエマルジョンファンデーションです。最近の技術によって生み出された新しいタイプのファンデーションで、これまでのタイプが抱えていたマイナス点を克服しつつ、メリットを引き出したような内容になっています。

半固形がリキッド・パウダーと質感が変化する

60代ファンデーションエマルジョンメリットデメリット

このエマルジョンファンデーションの最大の特徴は使っていく過程で形状と感触が変化していく点にあります。

 

もともとは半固形の練り状をしているのですが、肌に塗付するとやわらかくとろけてリキッドタイプのような感触になります。さらに肌に馴染んでいくとパウダーのようなサラッとした感触へと変化して定着するのです。

 

このカバー力が高くサラっとした仕上がりこそ年齢・肌質を問わずによいといわれている理由です。パウダータイプはサラッとした感触が魅力的な一方、シミやシワといった年齢肌のトラブルを隠すカバー力にややマイナス点があります。

 

一方リキッドタイプはカバー力に優れている一方、どうしてもベタつきや塗りムラといった問題を抱えやすく、しかも落ちにくいのでクレンジングの際に肌に負担がかかってしまう難点を抱えています。

 

エマルジョンファンデーションはパウダータイプ、リキッドタイプいずれのメリットを備えつつ、デメリットを軽減した内容になっているわけです。

 

練り状なのでパウダータイプ以上にムラなく均一に塗りやすいですし、クリームタイプのようなベタつきや厚塗り感もありません。

毛穴を埋める効果がニキビを悪化させる可能性に

60代ファンデーションエマルジョンメリットデメリット

肌に馴染んでパウダー状になることで毛穴やシミなどの肌の凹凸にしっかりフィットすることで全体を滑らかに見せる効果も備えています。

 

さらに保湿成分を配合した製品も多く、スキンケア対策としても活用できるので乾燥が加速している60代の肌のメイクに向いています

 

このように新しいタイプだけに非常に優れたメリットを備えています。ただ現在のところまだ製品の数が少なく選択肢が限られてくるのが難点です。

 

とくにさまざまな肌トラブルを抱え、刺激にも注意しながらメイクをしていく必要がある60代の方は自分にあった製品を限られた選択肢の中から見つけることができるか、なかなか難しい面もあります。

 

もうひとつ、毛穴にしっかりフィットして埋める効果はニキビを悪化させてしまう面があります。そのため基本的にニキビ肌はNG。また老化の影響で炎症が起こりやすい不安定な肌状態の方も注意した方がよいでしょう。

 

今後製品の数が増えてくればますます使いやすく、年齢肌のメイクにも適したタイプになってくれる可能性を秘めています。

ミネラルファンデーションのメリット・デメリット

60代のファンデーション選びにおいて重要な選択肢になるといってもよいのがこのミネラルファンデーションです。年齢肌がファンデーションに求めるメリットを備えており、老化が気になる肌にも使いやすい点が適している大きな理由です。

天然由来ミネラル成分で肌への負担が少ない

60代ファンデーションミネラルメリットデメリット

ミネラルファンデーションとはミネラル、つまり天然の鉱物を主原料として作られている製品のことです。

 

普通ファンデーションといえば防腐剤や合成界面活性剤、合成香料といった添加物、化学成分が含まれているものですが、天然由来のミネラル成分にこだわることでこれまでのファンデーションにはない肌への負担が少ないメリットを実現しています。

 

60代にもなるとセラミドをはじめとした保湿成分の減少に加えて皮脂の分泌量も減ることなどからどうしても刺激に敏感な状態になります。

 

それだけメイクの際には毎日使って肌にダメージを蓄積させるようなことがないか慎重に判断したうえで選んでいく必要が出てきます。その点このミネラルファンデーションはピッタリの選択肢といえるでしょう。

 

もうひとつ低刺激という点で大きいのが落としやすい点です。ファンデーション選びでは製品そのものが肌に触れたときの刺激だけでなく、クレンジングで落とすときの刺激も厄介な点です。

 

しっかり落とすために洗浄力が強すぎるクレンジングを使わなければならないファンデーションはいくらカバー力が優れて化粧持ちがしてもよい選択肢とはいえないのです。

カバー力が弱く汗や皮脂で落ちやすい

60代ファンデーションミネラルメリットデメリット

この点でもミネラルファンデーションはクレンジング不要・石鹸だけで落とせるものが多いので毎日のメイクだけでなくスキンケア環境も相応しい形で行っていくことができるメリットがあるのです。

 

こうしてみると「60代はこれを選べば確実じゃないか」と誰もが思うかもしれません。最有力の選択肢のひとつなのは間違いありませんが、一方でデメリットと注意点もあります。その筆頭がカバー力が多少弱い点。

 

落としやすい分どうしても密着性とカバー力が少々落ちるのでシミやシワなどをうまく隠せない場合もあります。60代の肌ともなるととくにこの点が気になるかもしれません。また皮脂や汗で崩れやすい点も気をつけたい部分でしょう。

 

ミネラルファンデーションをうまく使いこなすポイントはトラブルをすべてカバーするのは無理と割り切ったうえでどこまで目立たなくさせることができるか、肌に負担をかけずに利用できるか

 

さじ加減を踏まえながら自分なりに合った環境を見つけていくことができるかどうかでしょう。60代の方でもとくに乾燥や刺激が気になる方に向いているタイプといえそうです。

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション

 

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

付けたまま眠れる!シミをカバーしながら防ぐ薬用ミネラルファンデーション

ミネラルファンデは肌に優しい分、メイク効果はイマイチなんだろうと決めつけていましたが…一番気になっていた毛穴の開きがナチュラルにカバーできます。毛穴をふさぐような閉塞感はなく、皮膚呼吸を妨げません。若い方には物足りないかもしれませんが、60代にはちょうど良いです。

美白有効成分をミネラル100%の成分で実現したパウダーファンデーション。100%ミネラル成分の細かな粒子が皮脂と混ざり合ってしっかり肌に密着、毛穴を塞がないパウダーでありながらクリーミーでしっとりとした仕上がりにしてくれるのが特徴。カバー力重視のファンデでは乾燥・肌荒れするようになってしまった…と悩む年代にも。
4000円相当→1,900円・税別
公式HPへ

 

クッションファンデーションのメリット・デメリット

クッションファンデーションとは液状のファンデーションをあらかじめスポンジにしみこませてあるタイプのことです。一般的にはリキッドタイプをしみこませていることが多く、広い意味でリキッドファンデーションとして扱われることもあります。ただ最近ではBBクリームやCCクリームを液状にしたものをしみこませてファンデーションとして使える製品もあります。

乾燥している肌でも自然なツヤ感が出る

60代ファンデーションクッションメリットデメリット

こうした特徴を備えているため、リキッドファンデーションと特徴を共有している面があります。

 

まずカバー力に優れている点。シミや小じわといったトラブルをうまく隠したい方に適しています。また液状なので水分の量が多く、サラっとした感触で心地よく使える、乾燥した肌に自然なツヤを引き出してくれるといったメリットも見逃せません。

 

60代にもなると乾燥がかなり進んでツヤが失われています。ツヤ感のある仕上がりといえばクリームタイプも優れていますが、こちらは厚塗り感があるため年齢肌の方が使用すると少々不自然な感じになってしまう面があります。

 

しかしこの液状をベースにしたクッションファンデーションならそのようなことも少なくあくまで自然に、ナチュラルな感じでツヤを引き出すことができるのです。使いやすく、化粧下地がいらない点も大きな魅力です。

 

リキッドファンデーションの場合、液ダレを起こしやすいなどムラなく均一に塗っていくのが難しい点が指摘されますが、スポンジにしみこませたクッションファンデーションならそのようなことはありません。

 

化粧下地を使わないと上手く肌にフィットしにくいパウダーファンデーションのようなマイナス点もありません。

雑菌の繁殖を防ぐためスポンジの保管方法に注意

60代ファンデーションクッションメリットデメリット

手間を省きつつしっかりとメイクを行っていくことができる、肌へ負担、刺激という点でも魅力的なメリットでしょう。

 

ただメイク持ちが悪い面もあります。とくに皮脂の分泌量が多めの方は時間の経過とともに先ほどのツヤ感がテカリをもたらしてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

リキッドファンデーションに比べるとこの点はマイナスにはなりませんが、密着性がやや弱くなる分ヨレや毛穴浮きといった化粧崩れを起こしやすい面もあります。

 

もうひとつ注意したいのはスポンジの衛生状態。スポンジをしっかり保管して適度に洗っておかないと雑菌が繁殖してしまうこともあります

 

バリア機能が低下した60代の肌にそうしたスポンジを使ってしまうと肌荒れなどのトラブルを起こしかねないので気をつけたいところです。

 

できるだけ手間を省いて肌に負担をかけずにメイクを行っていく。この60代のメイクの基本を考えるとかなりよい選択肢ですから、注意点を踏まえたうえで賢く使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめのファンデーション>>

60代で選びたい人気のファンデーション

B.A パウダリィバームファンデーション

パウダリーファンデーション口コミ1位!しっとり保湿で夕方までしっかりカバー
12,100円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア フュージョンスキンファンデーション ラスターフィニッシュ

60代ファンデーションフュージョンファンデーションラスター

厚塗り感無くシミ・毛穴をカバー!ツヤ肌を1日キープ出来るアテニアの新ファンデ
2,300円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア新ファンデーション